加圧シャツ 販売店 最安値

筋トレをしても体重が減らない場合について

ダイエットをするためには、体についた余計な脂肪を落とすことが健康的で一番良い方法です。それには筋肉をつけて、代謝を高め脂肪を燃焼させることが必要です。筋肉を増やしたいのであれば、真っ先に始めやすいのが筋トレですが、どれだけ筋トレをしても体重が落ちないという悩みが出てくることもあります。

 

むしろ、体重が増えたといいう場合もあり、ダイエットが失敗してしまったのか、と落ち込んでしまうところですが、そうではありません。確かに体重ということでは減っていないかもしれないのですが、そういう人が鏡で自分の体を見た時、以前よりも引き締めっているのを確認できるでしょう。

 

それは筋トレの効果が出て、体に筋肉がついて余計な脂肪が燃焼した証拠です。では、なぜ体重が減らないのかというと、筋肉と脂肪の比重が違うためです。体積が同じだったとしたら、筋肉のほうが脂肪よりも比重が重いのです。つまり脂肪が燃焼するかわりに筋肉がついたとしたら、体重が減りにくいというのも当然のことです。

 

でも、それで嘆くことはありません。そもそも人は見た目で体重を正確に計測することは出来ません。それでもダイエットをしたいというのは、二の腕や太もものたるみを何とかしたい、スタイルを良くして小さいサイズの洋服や水着を着られるようにしたいと願うからです。

 

筋トレをして体を引き締めることが出来れば、周りの人からは痩せたように見られますし、洋服や水着も望み通り着ることが出来るようになります。

 

そうして、ある程度の筋肉がついた状態で、ダイエットを継続していけば、代謝が良くなり食事を多くとっても太りにくい体になります。あとは体脂肪率を抑えた状態を維持していけば、理想的なプロポーションで過ごすことが出来るのです。