加圧シャツ 販売店 最安値

有酸素運動、筋トレ、ストレッチを組合せることが重要

有酸素運動、筋トレ、ストレッチの3種類には、それぞれに違った方向性があるため、ダイエットのメニューに取り入れることが欠かせません。バランスは特に重要ですから、1種類だけが特に多くなる場合には、逆効果になるので注意が必要です。

 

有酸素運動は、サイクリングやウォーキングなどの運動が代表的で、息が苦しくならない程度で行うのが基本です。自転車で少なくとも10km以上の距離を走ると、有酸素運動に移行して、体に蓄積している脂肪は燃焼していきます。あまりにも距離が短く、短距離を猛烈なスピードで走る場合には、無酸素運動になってしまう可能性があります。

 

1時間程度の有酸素運動を終えてからは、筋トレのメニューを開始しましょう。このメニューで大切なのは、毎日のように行うことは避けて、休息期間を設けることです。ダンベルやベンチプレスなどを使った筋トレは、週に2回程度の目標で行います。そうすることで、筋トレ後に休息する段階で、疲れが蓄積した筋肉が超回復して筋肉量が増える仕組みです。このおかげで、体が作り出す熱の量が増えて、基礎代謝量が大幅に向上することになります。有酸素運動だけでは、筋トレのように筋肉量を大幅に増やすことができないのは、マラソン選手の細い体を見れば分かることです。そのため、この順序で組み合わせることには意味があります。

 

最後の3番目にストレッチを行う目的は、筋肉の疲れを解消するだけではありません。ストレッチをすることにより、有酸素運動や筋トレでは鍛えられないインナーマッスルに刺激を与えることができます。表層筋と一緒にインナーマッスルも鍛えることで、痩せにくい体質の人であっても、ダイエットで失敗する可能性が大幅に低くなります。